あるく鎌倉よむ散歩

ひとりで、大好きな鎌倉にひたすら行きまくっているブログです。

鎌倉・二階堂エリア神社仏閣巡り#2杉本寺・瑞泉寺 

本日のコース

  1. 鏑木清方記念美術館
  2. 杉本寺 👈ココ
  3. 瑞泉寺 👈ココ
  4. カフェトリエブルージュ
  5. 荏柄天神社
  6. okashi nikaido
  7. 3.8 ノット


鏑木清方記念美術館を出たら、日差しはますます力強くなっていました。


kotobukikamakura.hatenablog.jp


鶴岡八幡宮を横目で通り過ぎ、宝戒寺にも惹かれつつ通り過ぎ、金沢街道へ。
こんな暑い日は金沢街道は歩きたくないなあと思いつつ、でも今日は杉本寺と瑞泉寺に行きたい気分なので、金沢街道を通るのがてっとり早いのです。

徒歩20分、杉本寺に到着。
拝観料は300円です。
杉本寺は鎌倉に現存する最古のお寺。
真ん中に真っ直ぐのびる苔階段は通行止めになっていて、脇の階段を迂回して本堂まで上がります。
初めて参拝した時、特に本堂の横に並んだお地蔵様達から強いパワーを感じたのを覚えています。

今日のような生命力みなぎる季節ではなく、ぴりりと冴えた真冬の曇り空の日に訪れたからよけいにそう感じたのかもしれません。



杉本寺の後はその足で瑞泉寺へ。


金沢街道から小学校の脇を小路に入ります。
川沿いの雰囲気のある道を進み、左に鎌倉宮を横切り、永福寺跡とぶつかったところで斜め右方面に歩いてゆくと、小さな道が2つに分かれ、どちらに進んで良いのか忘れて右に行ったら行き止まりだったので戻ってきて左に進みます。しばらく行くと瑞泉寺の総門が見えてきました。
この辺まで来ると、ほとんどすれ違う人もいない静かでのんびりした空気が流れていて、鎌倉駅周辺の賑わいもすっかり忘れてしまいます。
そこからまたしばらく進むと、やっと辿り着きました。



入口で200円渡して中へ。受付の方がフレンドリー。

鎌倉には谷戸や山裾に開かれたお寺や神社は無数にあるのだけど、ここ瑞泉寺は私が知る限り鎌倉で1番山深いお寺です。
そして、広い。

瑞泉寺の苔階段は、実際に上り下りすることができます。
木立に囲まれて涼しい階段を上り、本堂へ。

上まで来ると左側には境内を囲む山の景色を一望できます。紅葉の季節はさぞ美しいだろうな。
鶯でも鳶でもない、何だかは分からないけど普段暮らしている住宅街では絶対に聞けないような美しい鳥の声ががしています。
このお寺は、とにかく鳥の鳴き声がよく聞こえるのです。
ちょっと時間も場所もトリップしたような雰囲気がある、特別な場所です。
地蔵堂の半眼の地蔵菩薩立像には魅入ってしまいます。
境内の突き当りにあるやぐらを望む庭園も、初めて見た時は おっっ とびっくりします。
なんか、いい。

家族や友達と鎌倉に行くなら、一度は連れて行きたいお寺です。



 次はカフェトリエブルージュへ↓↓
kotobukikamakura.hatenablog.jp